遺品を整えている女性

流れを知っておく

お参り

葬式準備の流れについて

大切な方が亡くなると、すぐに通夜・葬式の準備に取り掛かります。多くの方が病院で亡くなられますが、病院から自宅あるいは斎場に移送する段階から、葬儀社が行います。予めどこで通夜・葬式を執り行うのか決めている場合は、そちらの葬儀社に連絡して引き取りに来てもらいます。未定という場合は、ひとまず病院に出入りしている葬儀社に移送を依頼します。移送後に別の葬儀社に正式な依頼をしてもよいですし、そのまま通夜・葬式の手配を進めてもらうことも可能です。 どこに依頼するのかが決まったら、通夜・葬式の打ち合わせを担当スタッフと行います。並行して親戚をはじめ、関係者へ訃報を入れます。通夜・葬式の内容や、祭壇・棺はどれにするのかといった話し合いには、親戚の年長者の意見を聞くケースも多いものですが、基本的な準備はスタッフに任せると問題なく進みます。

よりスムーズに対応するには

亡くなられた後、通夜・葬式を終えるまではその準備や親戚・参列者の対応などで目まぐるしい時間を過ごすことになります。しかし、基本的には葬儀社の担当スタッフに任せて動けば大きな間違いはありません。大切なのはどの葬儀社に依頼するかという点です。 亡くなられた後では葬儀社の特徴を調べ、十分に吟味するという時間は取れないため、予め情報収集しておくとよいでしょう。そのうえでどの葬儀社に依頼するのか決めておくと、亡くなられた後の対応が格段にスムーズです。また、葬儀社によって通夜・葬式のプランや料金が異なると同時に、スタッフの対応にも差が出ます。参列者の対応も行うスタッフですので、最低限失礼のないようなところに依頼したいものです。対応そのものに関しては、実際に接してみないとわからない部分もありますので、事前にコンタクトを取っておくとなおよいでしょう。

Menu