遺品を整えている女性

埋葬の事情

大きな寺

様々な埋葬方法があります

昔に比べると、埋葬形式の自由度がかなり高くなってきた印象があります。たとえば、墓や納骨堂を利用せずに、家族の遺骨をずっと自宅に置いておくという選択をする人がたまにいます。自宅に遺骨を置いておいても法律違反にはなりませんので、何の問題もありません。また、骨壷にカバーをかけた状態で安置しておくのではなく、遺骨を置物に加工して室内に置いておくという方法を取る人もいます。その方が来客に不快感を感じさせずに済むという理由から、この方法を選択する人が少しずつ増えてきています。一方、墓や納骨堂に遺骨を埋葬するという方法を選択する場合でも、永代供養の保証がついた墓や納骨堂を購入するケースが多くなってきています。永代供養が保証されていれば、墓の継承者の心配をする必要がありませんので、高い人気を呼んでいます。

永代供養墓を購入する際の注意点について

生涯を独身で通す人や子供を持たないという選択をする夫婦が増えてきたため、永代供養が保証された墓を購入する人が多くなってきています。永代供養が保証されていれば、墓が荒れ果ててしまう心配をする必要がありません。死んでしまえば何もわからなくなってしまいますが、将来荒れ果てることがわかっている墓に入りたいと思う人はまずいません。そのため、新しく永代供養墓が売り出されるたびに購入希望者が殺到し、抽選に当たらなければ購入できないような状態になっています。ただし、永代供養墓を購入する際には、最初に支払った金額以外の費用が発生しないシステムになっているかどうかを、きちんと確認しておく必要があります。毎年管理費を支払う必要がある墓を購入した場合、墓の継承者が誰もいないと面倒なことになります。安らかな永遠の眠りを手に入れたいと考えているのであれば、費用面の問題はクリアにしておくことが大切です。

Menu